日光浴は百害あって一利なし

このメラニン色素の作用で、肌が黒くなるのが日焼け。肌の奥にある柔らかい組織を全滅させないために、あわてて鎧をきているようなものです。それでも、長いこと日光にさらされた皮膚の表面は、一種の火傷を起こしています。小麦色だのブロンズ色の肌だのと、どれほど美辞麗句を並べたところで、火傷した肌が健康的で美しいはずがありません。 事実、日焼けをしすぎると、ケロイド状になったり、水泡ができたりしますね。こんがり焼けた小麦色の肌も、要するにトラブルを起こす一歩手前というだけなのです。肌は鍛えられません。日光浴は百害あって一利なしです。